日本結合組織学会
>>日本結合組織学会TOP
トップページ
入会案内
理事長・会長挨拶
学術大会
機関誌(CTR)
本学会学術賞
会員・歴代理事長


会員専用ページ




メンバーログイン

生化学工業株式会社

 
  特別講演他

第1回 (昭和44年度)
藤本大三郎 (東北大学理学部 化学), コラーゲンのプロリン水酸化

第2回 (昭和45年度)
鈴木 旺 (名古屋大学理学部 化学), 結合組織の分子解剖 −その目標と手法−
大高 裕一 (東京医科大学 病理), 結合組織病 −その概念と病理−

第3回 (昭和46年度)
大島 良雄, 勝田 保男, 東 威 (東京大学 物療内科), 膠原病の予後
梶川欽一郎 (金沢大学 病理), 基底膜 −その形成と病的変化−

第4回 (昭和47年度)
野田 春彦 (東京大学理学部 生物化学), コラーゲン線維形成と分子の関係
鶴見 膠一 (福島県立医科大学 生化学), 結合組織疾患と尿酸性ムコ多糖

第5回 (昭和48年度)
河瀬 収 (熊本大学体質研 病理), 弾性線維について

第6回 (昭和49年度)
遠藤 浩良 (東京大学薬学部 生理化学),軟骨細胞の基質代謝とホルモン
−特に組織培養による研究を中心として−

第7回 (昭和50年度)
佐野 栄春 (大阪大学 皮膚科), 結合組織の代謝面からみた膠原病の病態解析
阿武喜美子 (お茶の水大学 化学), 結合組織ムコ多糖の比較生化学

第8回 (昭和51年度)
鈴木 旺 (名古屋大学理学部 化学), 生物系における硫酸化とその意義
中川 正 (名古屋大学 整形外科), 関節軟骨の病態を中心に

第9回 (昭和52年度)
吉沢 善作 (東北大学 医化学), 硫酸化糖蛋白

第10回 (昭和53年度)
梶川欽一郎 (金沢大学 病理), FLS 線維の形成とその意義
石川 英一 (群馬大学 皮膚科), 汎発生鞏皮症の皮膚結合織病態,
およびそれに影響する諸因子について

第11回 (昭和54年度)
Dr. Irene Maumenee (Johns Hopkins Hosp.), Retinal degenerative disorders and the retinal pigment epithelium. Clinical characteristics, tissue culture, mucopolysaccharide metabolism.
Dr. John E. Scott (University of Manchester), Hierarchical structures in connective tissues.

第12回 (昭和55年度)
大藤 眞 (岡山大学 内科), 膠原病の免疫異常
山科 郁男 (京都大学薬学部 生化学), 細胞性グリコサミノグリカン

第13回 (昭和56年度)
津山 直一 (東京大学 整形外科), 脊柱靱帯骨化
松田 道生 (自治医科大学 血液研), フィブロネクチン及びその関連物質と組織修復

第14回 (昭和57年度)
折居 忠夫 (岐阜大学 小児科), 遺伝性ムコ多糖代謝異常症の診断
小沢 英治 (新潟大学歯学部 口腔解剖), 硬組織石灰化に関する微細構造学的見解,特に基質小胞性石灰化について

第15回 (昭和58年度)
藤田 拓男 (神戸大学 内科), 結合組織の加齢と疾患
藤本大三郎 (浜松医科大学 化学), 結合組織の加齢と架橋結合

第16回 (昭和59年度)
鈴木 旺 (名古屋大学 化学), 細胞分化とプロテオグリカン分子種の変換
山室 隆夫 (京都大学 整形外科), 人工生体材料と結合組織との界面における諸問題

第17回 (昭和60年度)
濱島 義博 (京都大学 病理), 免疫組織学の歩み
Dr. Paul H. Lambert (University of Geneva), Recent immunopathological studies in experimental models of SLE.
永井 裕 (東京医科歯科大学 難治研), コラーゲン分解系の病態生理

第18回 (昭和61年度)
本間 光夫 (慶應大学 内科), 膠原病におけるレイノー現象
Dr. Thomas A. Medsger Jr. (University of Pittsburgh), Systemic sclerosis:
Current concepts of pathogenesis.

第19回 (昭和62年度)
宇宿源太郎 (熊本大学遺伝研 発生分化), 脂肪細胞とコラーゲン
Dr. E. Carwile LeRoy (Medical University of South Carolina), The pathogenesis of systemic sclerosis.
鈴木不二男 (大阪大学歯学部 生化学), 軟骨・骨の分化と成長を制御する因子

第20回 (昭和63年度)
松本 淳 (福島県立医科大学 整形外科), 特異関節炎
Dr. Hari Reddi (Chief of National Institute of Dental Research, National Institute of Health,Bethesda, MD) Role of Extracellular Matrix in Cartilage and Bone Development

第21回 (平成元年度)
Dr. Stephen I. Rennard (University of Nebraska), Pathogenesis of pulmonary fibrosis; Implications for the connective tissue diseases.
村田 克己 (東京芸術大学 内科), 細胞間マトリックス成分の基礎と臨床

第22回 (平成2年度)
Dr. Karl A. Piez (Collagen Corporation, CA, U.S.A.), Osteogenic factors from bone.
Dr. Harold L. Moses (Vanderbilt University, Nashville, TN, U.S.A. ),Biological actions of the transforming growth factor-beta family.

第23回 (平成3年度)
村田 克己 (東京芸術大学保健センター 内科), 血管壁マトリックスの成分:
その構造と病態

第24回 (平成4年度)
京極 方久 (東北大学医学部 病理学), 間葉系細胞の変幻自在
森本 幾夫 (ハーバード大学医学部), 結合織性接着分子とリンパ球活性化
−その分子機構−
二宮 善文 (岡山大学医学部 分子医化学), 新しいコラーゲン分子種
−分子連結装置としてのコラーゲン種を中心に−

第25回 (平成5年度)
鈴木不二男 (大阪大学 歯学部生化学), 軟骨由来増殖制御因子 , コンドロモジュリン・ファミリーの構造と機能
−基礎と臨床との接点を求めて−
Dr. Walter E. Stumpf (University of North Carolina, Chapel Hill. NC. U.S.A. and Chugai Pharmaceutical Co.,Tokyo.Japan), Vitamin D:sites and mechanisms of action in bone, cartilage, teeth and skin.

第26回 (平成6年度)
折居 忠夫 (岐阜大学 小児科),ムコ多糖症の遺伝子解析
竹市 雅俊 (京都大学理学部 生物物理学),細胞の組織化の接着分子による制御

第27回 (平成7年度)
森  陽 (東京薬科大学教授 生化学),子宮頚管熟化の生化学的背景
Dr. Hideaki Nagase (University of Kansas Medical Center, KS,U.S.A.),Matrix Metalloproteinases in disease:A therapeutic challenge
Dr. Andrew J.P. Docherty (Celltech Research, UK),Involvement of MMPs in Tumour Cell Invasion and Metastasis-Prospect for Synthetic Inhibitor Therapy

第28回 (平成8年度)
中西 功夫 (金沢大学医学部 病理学),細胞外マトリックスとがんの接点
Dr. Lance A. Liotta (Laboratory of Pathology Division of Clinical Sciences National Cancer Institute, NIH, U.S.A.),The Molecular Mechanisms of Cancer Metastasis

第29回(平成9年度)
遠藤 正彦 (弘前大学医学部 生化学),プロテグリカンの糖鎖工学とその応用的展開
山口 祐 (The Burnham Institute, CA, U.S.A. ),Extracellular Matrix of the Brain
Dr. Daniel. S. Greenspan (University of Wisconsin, WI, U.S.A), Regulation and Function of BMP-1 and Related Proteins

第30回(平成10年度)
大島 章(和歌山県立医科大学 病理学),高血圧と血管リモデリング
Bjorn R. Olsen(Harvard Medical School, Cell Biology), Regulation of skeletal development - Insights derived from genetic disorders

第31回(平成11年度)
岩田 久(名古屋大学 整形外科),マトリックス代謝からみた関節破壊とその対応
中村祐輔(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター),疾患遺伝子のクローニングと分子病態解析

第32回(平成12年度)
八杉貞雄(東京都立大学大学院理学研究科生物科学専攻),消化管の分化・形態形成における結合組織の重要性
松田武久(九州大学大学院医学系研究科医用工学分野),生体力学場を考慮した細胞外環境の整備とハイブリッド組織体形成
招請講演
杉村 隆(東邦大学長国立がんセンター名誉総長),がんと結合組織
会頭講演
平川 舜(東邦大学医学部第一産科婦人科学教室),細胞外マトリックス代謝からみた分娩のメカニズム

第33回(平成13年度)
水島 裕(聖マリアンナ医大難病治療センター、参議院議員),特許による科学立国
浅島 誠(東京大学大学院総合科学部生命科学),臓器発生におけるマトリックスと環境
会頭講演:
岡崎 勲(東海大学医学部地域保健学),社会医学への結合組織研究の展開

第34回(平成14年度)
Sponsored Lecture1:
宮園浩平(東京大学大学院分子病理学)
Negative Regulation of TGF-β Signaling
Sponsored Lecture2:
上田 実(名古屋大学大学院頭頚感覚器外科学)
再生医療の普及と定着のために
Sponsored Lecture3:
林崎良英(理化学研究所ゲノム科学総合研究センター)
Riken Mouse Genome Encyclopedia

第35回(平成15年度)
会頭講演
西田 輝夫(山口大学医学部分子感知医化学講座・眼科学)
Corneal ulcer:role of interaction between resident cells and extracellular matrix

第36回(平成16年度)
会頭講演
岩本 幸英(九州大学大学院医学研究院整形外科)
癌の 骨転移の病態と治療
招待講演
YoshihikoYamada and Takashi Nakamura
(Craniofacial Developmental Biology and Regeneration Branch,National Institute of Dental and Craniofacial Research,NIH,Bethesda,Maryland)
Epiprofin,a krüppel-like factor,is essential for hair,tooth,and limb development

第37回(平成17年度)
招待講演 1
浅原 弘嗣(国立生育医療センター研究所/スクリプス研究所)
クロマティンを介した発生学と関節再生医療
招待講演 2
Bjorn R Olsen(Dept.of Cell Biology,Harvard Medical School,USA)
Genetic studies of bone formation and remodeling
特別講演 1
Arthur Veis,James P.Malone and Keith Alvares
(The Feinberg School of Medicine,Northwestern University,Chicago,Illinois,USA)
The structures of the heterotrimeric and homotrimeric C-propepides of Type T
collagen:The significance of the α2(T) chain in heterotrimaer selection
特別講演 2
田中 栄(東京大学医学部整形外科)
関節リウマチによる骨関節破壊の分子メカニズム

第38回(平成18年度)
教育講演 1
宮園 浩平(東京大学大学院医学系研究科分子病理学講座)
TGF-βの基礎と臨床応用
教育講演 2
上野 光(産業医科大学医学部生化学教室)
TGF-βと細胞外マトリクス:臓器繊維症への抗TGF-β療法の展望
教育講演 3
宇谷 厚志(京都大学大学院医学研究科皮膚生命科学)
細胞外基質の基礎知識
特別講演 1(ランチョンレクチャー1)
田畑 泰彦(京都大学再生医科学研究所生体組織工学研究部門生体材料学分野)
再生医療最前線
特別講演 2(ランチョンレクチャー2)
水沼 英樹(弘前大学医学部産婦人科)
骨粗鬆症を巡る最近の話題

第39回(平成19年度)
招待講演 1
Karl Kadler(University of Manchester,UK)
The 3-dimensional organization of collagen fibrils in tissue
招待講演 2
Francesco Ramirez(Child Health Institute of New Jersey,USA)
Extracellular microfibrils in development and diseases
招待講演 3
Leena Bruckner-Tuderman(University of Freiburg,Germany)
Pathobiology of the basement membrane-associated proteins in the skin
招待講演 4
Rama Khokha(University of Toronto,Canada)
Interfacing the ECM and cytokine networks through protease activity
教育講演
高井 義美(大阪大学大学院医学系研究科)
細胞間接着による細胞の運動・増殖機構

第40回(平成20年度)
特別招待講演
1.Hideaki Nagase(The Kennedy Institute of Rheumatology Division, Imperial College London, London UK)
Can metalloproteinases be therapeutic targets in osteoarthritis?
2.Yoshihiko Yamada(Laboratory of Cell and Developmental Biology, National Institute of Dental and Craniofacial Research, National Institutes of Health)
Multiple functional roles of perlecan in development and diseases




過去の学術大会のトップへ

   
  日本結合組織学会事務局
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町194-502 学協会サポートセンター内
Tel. 045-671-1525  /  Fax. 045-671-1935 /e-mail.
jsmbm@gakkyokai.jp jsctr@gakkyokai.jp
Copyright The Japanese Society for Matrix Biology and Medicine. All Rights Reserved.