日本結合組織学会
>>日本結合組織学会TOP
トップページ
入会案内
理事長・会長挨拶
学術大会
機関誌(CTR)
本学会学術賞
会員・歴代理事長


会員専用ページ




メンバーログイン

生化学工業株式会社

 
  日本結合組織学会大高賞受賞者
( )内は受賞時の所属
平成4年度

戸松 俊治 (岐阜大学 小児科)
ムコ多糖症VII型の遺伝子解析:変異の同定と臨床的異質性について

岡田 保典 (金沢大学 医療技術短大)
VI型コラーゲン:関節滑膜における局在と役割

平成5年度 中村  司  (順天堂大学 腎臓内科)
腎炎モデルにおける細胞外基質成分および増殖因子、遺伝子発現と制御
平成6年度 川口 鎭司 (防衛医科大学 第一内科)
強皮症線維芽細胞におけるIL-1α, IL-1受容体発現異常と制御
平成7年度

篠村多摩之 (愛知医科大学 分子医科学研)
プロテオグリカン、PG-Mのコア蛋白質の多様性について

高垣 啓一 (弘前大学 第一生化)
精巣性ヒアルロニダーゼの糖転移反応を用いたグリコサミノグリカン糖鎖の再構築

平成8年度

吉岡 秀克 (岡山大学分子 医科学)
ヒトXI型コラーゲンα1鎖遺伝子プロモーターの構造と機能解析

藤原 作平 (大分医科大学 皮膚科)
450kDaヒト表皮自己抗原の同定

平成9年度 妻木 範行 (大阪大学 整形外科)
XI型コラーゲンα2鎖遺伝子の転写制御領域の解析
平成10年度 応募者なし
平成11年度 応募者なし
平成12年度

板野 直樹 (愛知医科大学分子 医科学研究所)
Three isoforms of mammalian hyaluronan synthases have distinct enzymatic properties
(ヒアルロン酸合成酵素:3種のイソフォームは異なった酵素特性を有する)

鍛冶 利幸 (北陸大学 薬学部)
Cell density-dependent regulation of proteoglycan synthesis by transforming growth factor-?1 in cultured bovine aortic endothelial cells
(トランスフォーミング増殖因子−?1による培養ウシ大動脈内皮細胞プロテオグリカン合成の細胞密度依存的な調節)

平成13年度

鍋島 一樹 (宮崎医科大学 病理学)
肝細胞増殖因子にて誘導される大腸癌細胞の遊走 (cohort migration) におけるMT1-MMPとgelatinase Aの先端細胞での限局性発現

尹 浩信  (東京大学医学部 皮膚科学)
オリゴヌクレオチドを用いたヒトα2(I)遺伝子転写制御の解析

平成14年度

稲垣  豊  (東海大学医学部 地域保健学)
Interaction between GC box binding factors and Smad proteins modulates cell lineage-specific α2(I) collagen gene transcription.

宇谷 厚志 (千葉大学医学部 皮膚科)
A unique sequence of the laminin α3 G domain binds to heparin and promotes cell adhesion through syndecan-2 and -4.

平成15年度 受賞者なし
平成16年度 桑名 正隆 (慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所)
Human circulating CD14-monocytes as a source of progenitors that exhibit mesenchymal cell differentiation
平成17年度 小林 孝志 (千葉大学大学院医学研究院基質代謝治療学)
Leptomycin B reduces matrix metalloproteinase-9 expression and suppresses cutaneous inflammation. J Invest Dermatol 124: 331-337, 2005
平成18年度

加藤 靖正 (神奈川歯科大学 生体機能学)
Acidic extracellular pH induces matrix metalloproteinase-9 expression in mouse metastatic melanoma cells through the phospholipase D-mitogen-activated kinases signaling. J Biol Chem 280: 10938-10944, 2005

斎藤  充 (東京慈恵会医科大学 整形外科)
Reductions in degree of mineralization and enzymatic collagen cross-links and increases in glycation induced pentosine in the femoral neck cortex in cases of femoral neck fracture. Osteoporosis Int 17: 986-995, 2006

平成19年度 宿南 知佐 (京都大学再生医科学研究所 生体分子設計学分野)
Scleraxis positively regulates the expression of tenomodulin, a differentiation marker of tenocytes. Dev Biol 298: 234-247, 2006

雑賀司珠也 (和歌山県立医科大学 眼科教室)
Loss of tumor necrosis factor α potentiates transforming growth factor β-mediated pathogenic tissue response during wound healing. Am J Pathol 168: 1848-1860, 2006
平成20年度 細野 幸三 (名古屋大学医学部附属病院 整形外科)
Hyaluronan oligosaccharides inhibit tumorigenicity of osteosarcoma cell lines MG-63 and LM-8 in vitro and in vivo via perturbation of hyaluronan-rich pericellular matrix of the cells. Am J Pathol 171: 274-286, 2007

輪千 浩史 (星薬科大学薬学部 臨床化学)
Distinct steps of cross-linking, self-association, and maturation of tropoelastin are necessary for elastic fiber formation. J Mol Biol 369: 841-851, 2007
平成21年度 前畑洋次郎 (神奈川歯科大学 歯学部)
Type III collagen is essential for growth acceleration of human osteoblastic cells by ascorbic acid 2-phosphate, a long-acting vitamin C derivative. Matrix Biology 26: 371-381, 2007
平成22年度

吉川 大和 (東京薬科大学薬学部 病態生化学)
The influence of synthetic peptides derived from laminin ?-1 chain on hepatocyte adhesion and gene expression.

荒木(室賀)絵里(京都大学医学部 皮膚科)
Clustering of syndecan-4 and integrin ?1 by laminin ?3 chain-derived peptides promotes keratinocytes migration.

平成23年度 苅谷 慶喜 (福島県立医科大学 生化学講座)
Bisecting GlcNAc residues on laminin-332 down-regulate galectin-3- dependent keratinocyte motility.
平成24年度 古松 毅之 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科)
Scleraxis and E47 cooperatively regulate the sox9-dependent transcription. Int J Biochem Cell Biol 42: 148-156, 2010
平成25年度 保住建太郎 (東京薬科大学薬学部 病態生化学教室)
Identification of cell adhesive sequences in the N-terminal region of the laminin ?2 chain. J Biol Chem 287: 25111-25122, 2012
平成26年度 応募者なし
平成27年度 吉田 浩之 (花王株式会社 生物科学研究所)
KIAA1199, a deafness gene of unknown function, is a new hyaluronan binding protein involved in hyaluronan depolymerization. Proc Natl Acad Sci USA 110: 5612-5617, 2013
平成28年度 多賀 祐喜 (株式会社ニッピ・バイオマトリックス研究所)
Developmental stage-dependent regulation of prolyl 3-hydroxylation in tendon type I collagen. J Biol Chem 291: 837-847, 2016
平成29年度 下田将之(慶應義塾大学医学部 病理学)
Hyaluronan-binding protein involved in hyaluronan depolymerization controls endochondral ossification through hyaluronan metabolism. Am J Pathol 187: 1162-1176, 2017




















   
  日本結合組織学会事務局
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町194-502 学協会サポートセンター内
Tel. 045-671-1525  /  Fax. 045-671-1935 /e-mail.
jsmbm@gakkyokai.jp jsctr@gakkyokai.jp
Copyright The Japanese Society for Matrix Biology and Medicine. All Rights Reserved.